TOP

風俗に救われた僕の人生の体験談

シンプルイズベスト。それが風俗なんだと思う

「シンプルイズベスト」という言葉がありますけど、風俗こそ当てはまるものなんじゃないのかなって思うんですよね。だって風俗って特に難しいことはないじゃないですか。自分がこうだろうって思ったらその通りに遊べるし、遊ぶ際に資格が求められるものでもなければ、遊ぶ前にテストがあるものでもありません。更に言えば、女の子とどのような形で遊ぶのかなんてそんなに難しくない…というか、二人きりのシチュエーションになれば勝手に男としての本能が動き出すので特に心配もないんじゃないのかなって思うんですよね(笑)男であれば理屈を抜きにどう楽しめばよいのかくらいはすぐにでも分かるようになるんじゃないのかなって思いますので、風俗で遊ぶ時には自分の中でいろんなことを考えるのではなく、ホームページでも見て遊びたいなって思った女の子と遊ぶというスタンスくらいで丁度良いんじゃないのかなって気持ちです。まさにシンプルイズベストですよ。

遊ぶならそんなに気にしなくて良いかなって

恋人やセフレであれば遊ぶ際には身だしなみだったり、他にもいろいろなことに対して気を使わなければならないよなって思いがあるんですけど、風俗であればそこまで気を使うこともないかなって思っています(笑)決して風俗だからってことで油断しているって訳じゃないんですけど、むしろあまり気を使わずに遊べるところこそ風俗の魅力でもあるんじゃないのかなって思うんですよね。恋人であればともすれば自分の身だしなみのおかげで喧嘩したり、最悪別れに発展するケースだって十分に考えられるじゃないですか。だからこそ油断せずにって気持ちがありますけど風俗ならそんな心配はないんです。もちろんサービスを利用する上での最低限の清潔感は大切だと思いますけど、何時間も鏡の前で頭をセットしたりとか、コーディネートが良いのかどうか悩んだりと言うことはありませんので、そういった点でも風俗は気軽に遊べるところが大きな魅力となっているんじゃないのかなって。

もはや風俗こそ、理想の世界だと思う

女の子と遊ぶくらいであれば、風俗で遊んだ方が良いってことに気付きましたよ。それに、確実性だけではなくて自分の性癖をフルスロットルで楽しめるじゃないですか。これまで恋人がいたこともありましたけど、自分の趣味をすべて開放していたのかと言うと、それはまた別問題と言うか。むしろ相手への配慮が求められることも多いし、自分の巣の性癖を出したらさすがに引かれてしまうんじゃないのかなって思いから、自分自身を抑えることも珍しくありませんでした。でも風俗ならそういったことも関係ないなってことに気付いたんですよね。それこそ初対面の風俗嬢相手でも自分の性癖を隠す必要性はないんです。遊びたいように遊ぶというスタンスでも何ら問題ないんですよね。だから風俗こそ、理想の世界と言っても過言ではないんじゃないのかなと。むしろこれからもっともっと自分の理想の世界にまい進したいなって気持ちがありますので、風俗こそ理想だと思って、自分なりにもっと追い求めたいですね。